投稿者
 メール
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


締め切り告知

 投稿者:弘南博士(管理人)  投稿日:2019年 1月27日(日)08時42分46秒
返信・引用 編集済
  平成最後のラッセル貸切イベントは既定の人数に達しましたので締め切りました。

多くのご参加、有難うございます。お目にかかれます事を楽しみにしております。

※お仕事の都合で調整中の皆様に関しましては有効です。確定のご連絡お待ちしております。

※キャンセル待ちは承ります。下のボタン(管理人へメール)よりお問い合わせください。

※鉄道会社主催のイベントではありません。
 
 

平成最後のラッセル貸切イベント告知

 投稿者:弘南博士(管理人)  投稿日:2019年 1月 3日(木)01時59分56秒
返信・引用 編集済
  今回もラッセルの季節がやって来ました!

平成最後のラッセルの雄姿を是非ともカメラに収めたいと思います…

おかげさまで当方の貸切イベント(運転会)も10周年を迎えます。

ラッセルは大鰐線・弘南線合わせて5往復と、いつもより増便します。

他にも何か奇跡が起こるかも知れません… ☆彡

参加者、若干名募集しています。下のボタン(管理人へメール)よりお問い合わせください。

※鉄道会社主催のイベントではありません。
 
 

遠州鉄道第2回貸切運転会【7】

 投稿者:ツリカケ親方(管理人)  投稿日:2018年 6月28日(木)02時09分2秒
返信・引用 編集済
  最後にも少し遊んでしまいました…

後ろの方にモハ51+クハ61が見えます。並べて頂いた場所が分かります。

この後、参加者はモハ25+クハ85にて西鹿島を後にしました…

もちろん乗車をせずに、沿線で撮影された参加者も何人かいらっしゃいました。

あとどのくらい走るのか分かりませんが、機会があればまたチャターしたいと思います。
 
 

遠州鉄道第2回貸切運転会【6】

 投稿者:ツリカケ親方(管理人)  投稿日:2018年 6月28日(木)02時08分42秒
返信・引用 編集済
  撮影会終了後の様子です。まずはモハ25+クハ85が本線へ引き上げて行きました。

留置線はモハ51+クハ61のみとなりました。

ホームでも定期列車が来るまでの僅かな時間ですが、撮影をさせて頂きました。
 
 

遠州鉄道第2回貸切運転会【5】

 投稿者:ツリカケ親方(管理人)  投稿日:2018年 6月28日(木)02時08分19秒
返信・引用 編集済
  再びモハ側です。今度はモハ25号の「試運転」のプレートと方向幕を合わせて頂きました。

他にも色々な方向幕の組み合わせをお願い致しました。機会があればご覧頂きたいです。
 
 

遠州鉄道第2回貸切運転会【4】

 投稿者:ツリカケ親方(管理人)  投稿日:2018年 6月28日(木)02時07分56秒
返信・引用 編集済
  クハ側の並びです。左がモハ51号の相棒のクハ61、右がモハ25号の相棒クハ85号。

ちょっと遊んでみました。(分かる人には分かる…)これも貸切ならではの醍醐味です。
 
 

遠州鉄道第2回貸切運転会【3】

 投稿者:ツリカケ親方(管理人)  投稿日:2018年 6月28日(木)02時07分35秒
返信・引用 編集済
  今度は「試運転」のプレートをお借りして。参加者からのリクエストによるものです。
 
 

遠州鉄道第2回貸切運転会【2】

 投稿者:ツリカケ親方(管理人)  投稿日:2018年 6月28日(木)02時07分2秒
返信・引用 編集済
  30形同士の並びです。左がツリカケ駆動のモハ25号、右がカルダン駆動のモハ51号。

同じ形式とは思えない、異なるスタイルです。

51号のスタイルは、30形中でモハ51+クハ61の2両のみでした。

まずはシンプルな「新浜松」から。

場所は西鹿島駅のホームの先となります。(ある意味「結構微妙な場所」でもあります…)
 
 

遠州鉄道第2回貸切運転会【1】

 投稿者:ツリカケ親方(管理人)  投稿日:2018年 6月28日(木)02時05分28秒
返信・引用 編集済
  遠州鉄道様の全面協力の元、平成28年7月10日に2回目となります30形電車の
貸切運転会を開催させて頂きました。

貸切当時はモハ25+クハ85(ツリカケ式)とモハ51+クハ61(カルダン式)
の2編成が残っていました。

今回はモハ25+クハ85を午後からの1往復運転して頂きましたが、遠州鉄道様の
粋な計らいで、折り返しの西鹿島では30形同士の並び撮影会が実現しております。

↓この様子は「RMニュース」でも紹介されています。

http://rail.hobidas.com/rmn/archives/2016/07/30_14.html

参加者の皆さま、本当にお疲れさまでした。今回も楽しんで頂けましたでしょうか…

最後になりますが、ご多忙な時期にも係らずご対応頂きました遠州鉄道様、職員の皆様、
本当に有り難うございました。この場を借りて深くお礼を申し上げます。

※写真は新浜松駅で出発前の確認作業を行っているモハ25+クハ85です。

イベントの詳細は、順次アップさせて頂きます。お楽しみに!
 
 

おかげさまで弘南鉄道第20回貸切運転会【12】

 投稿者:弘南博士(管理人)  投稿日:2018年 6月12日(火)01時33分57秒
返信・引用 編集済
  気になる反対側ですが、こちらは銀色のままでした。

当方の貸切運転会は「いつもの弘南鉄道+α」がコンセプトです…
 
 

おかげさまで弘南鉄道第20回貸切運転会【11】

 投稿者:弘南博士(管理人)  投稿日:2018年 6月12日(火)01時33分33秒
返信・引用 編集済
  中央弘前駅のこの駅舎ももうすぐ見納めです…

駅前再開発で線路も数百メートル短くなるようです。

バスが入れるような駅前ロータリーになるとの情報もありますが、

趣のあるこの駅舎が無くなってしまうのは、とても寂しい事です…

皆さんは撮影しましたか?

3枚目はおまけの走行写真です。撮影地は石川~義塾高校前。
 
 

おかげさまで弘南鉄道第20回貸切運転会【10】

 投稿者:弘南博士(管理人)  投稿日:2018年 6月12日(火)01時32分57秒
返信・引用 編集済
  中央弘前駅に停車中の「幸福の黄色い電車」です。
 
 

おかげさまで弘南鉄道第20回貸切運転会【9】

 投稿者:弘南博士(管理人)  投稿日:2018年 6月12日(火)01時29分29秒
返信・引用 編集済
  最後は皆さんで1往復乗車し「幸福の黄色い電車」にあやかりました。

「幸福の黄色い電車」は皆さんを乗せて中央弘前駅まで向かいます…

3枚目は全面展望ビデオ撮影の様子です。これも貸切電車ならではの醍醐味ですね。
 
 

おかげさまで弘南鉄道第20回貸切運転会【8】

 投稿者:弘南博士(管理人)  投稿日:2018年 6月12日(火)01時29分1秒
返信・引用 編集済
  鯖石での交換風景。青帯や「ふらいんぐうぃっち」との並びも実現しています。

鯖石駅には交換設備があります。

昭和56年10月1日の快速列車運転開始に備えて交換設備が設けられましたが、

その際に弘前側から大鰐側へ100メートルほど駅の位置がずらされています。
 
 

おかげさまで弘南鉄道第20回貸切運転会【7】

 投稿者:弘南博士(管理人)  投稿日:2018年 6月12日(火)01時28分34秒
返信・引用 編集済
  普段見る事のできない黄色い電車は、沿線の皆さんからも注目されていました。

今度は弘南線でも走らせたいですね…(笑)
 
 

おかげさまで弘南鉄道第20回貸切運転会【6】

 投稿者:弘南博士(管理人)  投稿日:2018年 6月11日(月)22時26分23秒
返信・引用 編集済
  石川で停車中の様子。石川も午後に中央弘前側が順光となります。

じっくりと編成写真を撮るなら午後の石川です。

当方の貸切運転会でも、午後の石川を意識した装飾が多くなっています。
 
 

おかげさまで弘南鉄道第20回貸切運転会【5】

 投稿者:弘南博士(管理人)  投稿日:2018年 6月11日(月)22時25分21秒
返信・引用 編集済
  走行シーンをお楽しみください。

当日は583系も弘前までやって来ました。しかし残念ながら、寸分の差で

「幸福の黄色い電車」と583系のクロスは実現しませんでした。
 
 

おかげさまで弘南鉄道第20回貸切運転会【4】

 投稿者:弘南博士(管理人)  投稿日:2018年 6月11日(月)22時24分1秒
返信・引用 編集済
  引き続き、津軽大沢での並びをお楽しみください。
 

http://

 

おかげさまで弘南鉄道第20回貸切運転会【3】

 投稿者:弘南博士(管理人)  投稿日:2018年 6月11日(月)22時22分50秒
返信・引用 編集済
  先に津軽大沢での様子をご覧ください。

いかがでしょうか、今回は7000系と6000系の「幸福の黄色い電車」による並びが

実現致しました。おなじみの「ラッセルとの並び」も実現しています…

津軽大沢では午後に中央弘前側が順光となります。(午前中は真逆の大鰐側が順光です…)
 
 

おかげさまで弘南鉄道第20回貸切運転会【2】

 投稿者:弘南博士(管理人)  投稿日:2018年 6月11日(月)22時14分35秒
返信・引用 編集済
  前日の5月21日の作業の様子です。

弘南カラーのラッピングも1年以上経過している模様でしたので、剥がす作業はかなり難航するのでは
と思われていたのですが、意外にも弘南カラーのラッピング(カッティングシート)は簡単に剥がれて
しまいました。いわゆる「弱粘タイプ」なのかは不明ですが、あまりにも簡単に剥がれてしまったので、
よく長期間の運用に耐えていたなぁと言う感想でした。最近は便利な素材も出ているのかも知れません。

しかし一番驚いたのが、弘南カラーのラッピングを剥がした下に、オリジナルの赤帯が一部残っていた
事です。恐らく剥離作業に難航したため途中で中断し、そのままラッピングをされたのではないでしょ
うか。実はこちらのオリジナル赤帯の剥離の方が、当方と致しましてもかなり苦戦を致しました…

途中運用の関係で、一時的に作業中の組成が通常の運用に入ったりと言う事もありましたが、あくまで
通常のダイヤ優先です。でもその時の姿が意外と7000系に似合っていたりしたので、それはそれで
楽しませて頂きました。(大鰐側が京急の新1000系みたい見えてしまったのは私だけでしょうか…)

作業は夕方までに無事に終了し、片側には予定通り「幸福の黄色い電車」の装飾が施されました。明日
はいよいよ運転です…
 
 

/9